2023.11.13

HIITトレーニングとは?ダイエット効果やおすすめの方法について

HIITトレーニングのダイエット効果について

HIITトレーニングのダイエット効果を得ようと頑張る女性

HIITトレーニングとは「High-intensity interval training(高強度インターバルトレーニング)」の略で、高強度かつ短時間のトレーニングと小休憩を繰り返すトレーニングのことです。

HIITトレーニングの特徴としては、短時間で集中的に行うトレーニングのため、運動初心者の方でも効率的に脂肪燃焼効果を高めることができます。

HIITトレーニングのダイエット効果について|脂肪燃焼効果

高強度のメニューを繰り返すHIITトレーニングを行うと、筋肉中に含まれている糖(エネルギー)がたくさん消費されるため、脂肪が燃焼されやすい状態になります。

また、有酸素運動と比べて約5〜10倍以上の消費カロリーといわれているため、HIITトレーニングはダイエット中の方に非常におすすめです。

HIITトレーニングのダイエット効果について|心肺機能や体力の向上

HIITトレーニングは高強度のメニューを繰り返し行うため、大量に酸素を取り込む必要があります。

そのため、肺が酸素を効率的に身体へ取り入れようとするため、心肺機能や体力の向上の効果が期待できます。

HIITトレーニングのダイエット効果について|アフターバーン効果

皆さんは「アフターバーン効果」を聞いたことはありますでしょうか。

アフターバーン効果とは、HIITトレーニングなどの高強度の運動後の約24〜72時間ほどカロリー消費が継続する働きのことです。

このときの消費カロリーは有酸素運動の約6〜10倍のため、日常的に痩せやすく太りにくい環境を作ることができるので、HIITトレーニングはダイエット効果を最大限高める効果があります。

HIITトレーニングのデメリットについて

HIITトレーニングのデメリットについて解説する女性

HIITトレーニングは短時間でダイエット効果を高めることができる運動方法ですが、いくつかデメリットもあります。

この章では、HIITトレーニングのデメリットについて解説するので、HIITトレーニングを取り入れようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

HIITトレーニングのデメリットについて|筋肥大効果がない

筋肥大効果を得るためには、高重量のトレーニングを行うことが一番大切なポイントです。

HIITトレーニングは高強度ですが、高重量を扱うことが難しいため筋肥大効果よりも脂肪燃焼効果の方が期待できます。

そのため、筋肥大効果を得たい方は、HIITトレーニングよりも高重量を使ったトレーニングを優先的に行うようにしましょう。

HIITトレーニングのデメリットについて|強度が高い

HIITトレーニングは短時間で高強度のメニューを行うため、初心者の方には強度が高すぎてしまう場合があります。

ただ、メニューの組み方によって強度を調整することができるため、HIITトレーニングを始めたての際は1セットあたり2〜3種目に設定するようにしましょう。

HIITトレーニングのデメリットについて|怪我のリスク

HIITトレーニングは高強度のメニューのため、ご自身が思っているよりも身体に負担がかかります。

それにより、膝や腰などを痛めてしまうリスクがあるため、HIITトレーニングを行う際は非常に注意が必要です。

ポイントとしては、毎日行うのではなく3日に1回や週に2〜3回までにするなど、しっかりと身体の休息を取りながら継続することがおすすめです。

HIITトレーニングのおすすめの方法について

おすすめのHIITトレーニングを行う女性
この章ではHIITトレーニングのおすすめの方法について紹介します。

運動初心者から上級者の方に向けてそれぞれ紹介するので、HIITトレーニングを取り入れたい方はぜひ参考にしてみてください。

HIITトレーニングのおすすめの方法について|もも上げ【初心者向け】

もも上げは太ももの筋肉を鍛える種目なので、下半身を引き締めたい方におすすめです。

【やり方】
1.胸を張り真っ直ぐと立ちます。
2.腕を大きく振り、太ももが地面と並行になる所まで上げていきます。
3.できるだけ速いスピードで20〜30秒間行いましょう。

【ポイント】
太ももを胸に付けるようなイメージでできるだけ、可動域を大きく動かすようにしましょう。

HIITトレーニングのおすすめの方法について|マウンテンクライマー【中級者向け】

マウンテンクライマーは体幹やお尻周りを鍛える種目なので、ウエストの引き締めやヒップアップの効果が期待できます。

【やり方】
1.両手を肩の真下に置き、プランクの姿勢を取ります。
2.膝を交互に胸に近づけるように引き上げます。
3.床を蹴り上げるようにテンポよく20〜30秒間行いましょう。

【ポイント】
背中が丸まらないように行うことで、腹筋(腹圧)を鍛えることができるため、常にお腹に力を入れて姿勢が乱れないようにしましょう。

腹圧についての詳しい記事はこちら

HIITトレーニングのおすすめの方法について|バーピージャンプ【上級者向け】

バーピージャンプは腕立てとジャンプを組み合わせたような種目のため、高い脂肪燃焼効果や心肺機能の向上効果が期待できます。

【やり方】
1.真っ直ぐ立った状態から、両手を床に着いてから足を後ろに伸ばし、腕立ての体勢を作ります。
2.腕立ての体勢から膝を曲げ、上に高くジャンプを行います。
3.できるだけ速いスピードで15〜20回行いましょう。

【ポイント】
疲れてくるとジャンプが低くなったり、足が後ろに伸びなくなったりするため、一つひとつの動作を丁寧に行うようにしましょう。

HIITトレーニングとは?ダイエット効果やおすすめの方法について|まとめ

今回はHIITトレーニングのダイエット効果やおすすめの方法について紹介しました。

HIITトレーニングは短時間で行うことができるため、忙しい方や運動習慣がない方でもダイエットの効果を体感しやすい運動方法の1つです。

ただ、強度が高い運動方法なので、運動初心者の方は1セット2〜3種目からスタートし、無理のないペースで強度を高めていくようにしましょう。

もし、強度を上げるタイミングが分からないという方は、ぜひ一度イロアスジムの無料体験にてご相談ください。  

イロアスジムでは脂肪燃焼効果が高いHIITトレーニングはもちろん、筋肉をつけたい方向けのトレーニングなどお客様の目標にあったメニューを作成しているため、最短で目標を達成することができます。

毎月10名様限定で無料体験を受け付けておりますので、少しでも興味がある方はぜひ下記のボタンよりお申し込みください。

無料体験ご予約受付中!
美容整体×パーソナルトレーニングの風景

あわせて読みたい記事

  • ダイエットの効果が出るのはいつから?効率的な方法で理想の身体に!

    ダイエットの効果が出るのはいつから?効率的な方法で理想の身体に!

  • 韓国流ダイエットとは?アイドルも実践している方法や注意点について

    韓国流ダイエットとは?アイドルも実践している方法や注意点について

  • 筋トレのタイミングが分からない女性へ!効果を高める時間帯とは?

    筋トレのタイミングが分からない女性へ!効果を高める時間帯とは?

  • ●脂質コントロールダイエットとは?

    ●脂質コントロールダイエットとは?

  • ダイエットは冬がおすすめ!冬のダイエット方法と注意点について

    ダイエットは冬がおすすめ!冬のダイエット方法と注意点について

  • ●おすすめのパーソナルジムとして紹介されました!

    ●おすすめのパーソナルジムとして紹介されました!

記事一覧へ戻る
無料体験受付中!!